• 情報コミュニケーション学科

「めじろんおおいた見守り隊」の委嘱式が行われました

7月31日(金)に、サイバー防犯ボランティア「めじろんおおいた見守り隊」に参加する学生34名に対し、大分県警から委嘱状が交付されました。

「めじろんおおいた見守り隊」はSNSでの不適切な書き込みをはじめ、悪質サイトや架空サイトによる被害などインターネット上に潜むさまざまなトラブルを防犯することを目的として設置されています。この活動を、情報コミュニケーション学科では、サービスラーニングの一環として取り組んでいます。

式では大分県警の生活安全部サイバー犯罪対策課長から「新型コロナウイルスの影響でキャッシュレス決裁やネットの普及がさらに進むことが予想される。まずは自らが被害に遭わないよう対策し、社会が一体となってリテラシー向上となるよう、ボランティアにご一助いただきたい」と挨拶の後に、学生に委嘱状が手渡されました。

続いて、情報処理演習室で、実際にネットパトロールの活動を実施しました。これからもサービスラーニングの活動の一環として定期的にパトロールを展開し、安全・安心なネット社会の構築に寄与していきます。




閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示