top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

「マネジメントスクール」で野田准教授が講師を務めました

公益財団法人大分県産業創造機構の「令和6年度マネジメントスクール」で、情報コミュニケーション学科 野田佳邦准教授が講師を務めました。

 

この研修は、大分県内の企業経営者、後継者、経営幹部、管理職等の方を対象とした講座で、企業経営に必要な知識・スキルを学ぶ総合的な研修として実施されています。

 

弁理士でもある野田准教授は、6月19日に「知的財産概論」の講座を担当し、ビジネスに欠かせない知的財産の概要について、様々な具体的事例を取り上げながら重要なポイントを伝えました。また、研究室で制作した「お姉ちゃん教えて!産業財産権ってなに!?」のアニメ教材も活用し、入門編として分かりやすい講義を心がけました。

 

アニメ教材については、「学生主体で作成された動画を拝見した時、やはりアニメで説明というポイントは分かりやすく感じました」「アニメだからなのか、すっと頭に入ってきました」等の反応をいただき、若年層のみならず幅広い年代の方々にご活用いただけるコンテンツであることを再確認できました。

 

今後も、大分県の経済を支える企業の方々を知的財産マインドの向上という観点で積極的に支援していきます。







 

Commentaires


bottom of page