top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

おおいた和牛の集客アート支援を開始しました

7月2日(日)にサービスラーニングの一環として、おおいた和牛(豊後牛)のブランド化および集客力アップをアートで支援するため、大分県九重町にある町田バーネット牧場を訪問してヒヤリングと実地調査を行いました。この施設は大分県畜産公社が運営する施設で、豊後牛(4・5等級の高級品質はおおいた和牛と称する)や、米の恵みといった豚を扱ったセルフバーベキュー施設を運営しています。


この度、同公社からの依頼により、町田バーネット牧場の施設にある大型のガラス窓に、学生たちがデザインを行い、一般客の観光客や訪問者の方々が写真撮影をしたり、集客に効果のある絵を書くことを目的にして訪問を行いました。担当者の方々から大分県の畜産に関する詳細をお聞きし、実際にこれらを試食をして、デザインの構想に着手しました。またSNSでの情報発信活動にも取り組みました。これから学生達の手で、おおいた和牛のブランド力強化および集客力アップのための作品創作に取り掛かります。













bottom of page