top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

フードマルシェを通じた外国人留学生の支援を行いました

6月29日(土)にJ:COMホルトホールにおいて、大分県社会福祉協議会および大学コンソーシアムおおいたが主催する「フードマルシェ」が開催され、サービスラーニングの一環として15名の学生が参加しました。


大分県社会福祉協議会の傘下にあるフードバンクおおいたでは、賞味期限の近い食材などを県内各地から集め、これらを生活に困窮する家庭や子ども食堂、大学生などに提供する活動を行っています。今回は大分県内の大学、専門学校、高専に通う留学生を対象に食材を提供する活動を支援し、且つ留学生との交流を図ることを目的として参加しました。


参加した学生達は相談しあいながら役割分担を決め、食材等の運搬、製品の陳列、配分量の検討、会場設営などを行い、午後12時から15時までの間に約100名の留学生らに、お米、レトルト食品、缶詰、飲み物、インスタント食品、調味料、雑貨などを提供しました。それぞれのブースでは、学生たちが積極的に留学生達に話しかけ交流を心掛けました。


参加した学生からは「留学生と話せるか心配だったけどもしっかりと交流できた」「なかなか大学では留学生と交流ができないので良い機会になった」「英語で意思疎通ができて楽しかった」「また来年も活動の参加したい」などの感想が寄せられました。


今回の活動を通じて国際支援を行うとともに、外国人留学生との交流を深める良い機会となりました。












Comments


bottom of page