top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

ポルトソール通りの完成式典に参加しました

5月25日(土)に大分市にある「ふないポルトソール商店街」で渡り始めのイベントがあり、大分駅前の祝祭の広場で完成式典が執り行われました。ポルトソール通りの電線地中化工事に合わせて、歩道・車道・地上機のデザインを行うプロジェクトを2020年度からサービスラーニングの一環として開始し、学生達のデザインが正式に大分市に採用されて、この度、商店街通りが完成しました。400mの通りには電線もなくなり、学生達がデザインした歩道・車道に加え、6大陸をイメージした地上機も9台設置され一新されました(総事業費は12億円)。


完成式典では、プロジェクトに関わった学生を代表して、この3月に情報コミュニケーション学科を卒業した冨山菜々さんが、これまでの作成の経緯、歩道・車道・地上機のデザインに込めたそれぞれの願い、これからの商店街活性化に対する期待などについて発表を行いました。式典には多くの市民や関係者が参加し、完成を祝いました。


産学官が協力をしてリニューアルしたポルトソール通りを訪問して、是非ご覧ください。













Comments


bottom of page