top of page
  • 情報コミュニケーション学科

大分市市街地の清掃活動と歴史探求を行いました

12月10日(土)に学生が企画するサービスラーニングとして、「大分市街地の清掃と歴史探求活動」が実施されました。この活動を実施するにあたり1か月ほど前から主催する学生達が中心となって、準備を進めてきました。


主催した学生達は大分駅周辺にある名所や偉人の歴史について事前に調査し、これを当日の配布資料としてまとめ、各所をめぐりながら参加している学生達に発表を行いました。また担当教員である綾部誠准教授が当時の時代背景などについて捕捉説明をしながら、大分市の歴史や偉人について学びました。


スタートはJ:COMホルトホールで、市内のごみを清掃しながら、大分駅、中央商店街、若草公園、赤レンガ館、アートプラザ、府内城址公園、遊歩公園、府内五番街などを巡り、大友宗麟、フランシスコ・ザビルエル、滝廉太郎、伊藤マンショの生涯や、大分が日本における発祥地と言われる西洋医学、育児院、西洋演劇、西洋音楽などについて学習しました。


参加した学生からは「大分市に住んでいるがこんな歴史があるとは知らなった」「県外生なので大分市のことがよく理解できた」「実際に色々と調べるなかで大分の歴史にこんなすごいものがあるのを知れて良かった」などの感想が寄せられました。










閲覧数:42回0件のコメント
bottom of page