top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

大分市議会モニターでの議員との意見交換会が行われました

8月25日(金)、地域社会特講Ⅰを受講した学生を対象に、サービスラーニングの一環として「大分市議会モニター活動」の初回が開催され、大分市議会議員6名と、情報コミュニケーション学科の学生3名が意見交換しました。

この活動は市議会本会議を生で視聴し、市議会の仕組みや政治と行政への理解を深めること、そして議員との意見交換を重ねることを通じ自分の意見や考えをまとめ、コミュニケーション能力の向上を図ることを目的としています。当日はこれからの活動に向けて議員から市議会の役割や仕組みについて説明いただき、意見を交換しました。

議員から「学生の言葉が大きな気づきになる。ぜひ忌憚ない意見をいただきたい」とあいさつがあり、学生からは「様々な委員会の議員の割り振りはどうやって行われているのか」「教育関係に予算を使ってもらうために、市民はどこに意見を出せばよいのか」などの質問が挙がりました。また、傍聴にあたり、議員より「これから様々な委員会を傍聴していただきますが、事前に意見内容を見て、興味のあるものにポイントを絞り、自分の考えを持って聴いて欲しい」との呼びかけもありました。

学生はこれから9月に行われる定例会の決算分科会や一般質問などを傍聴し、議会終了後、再度意見交換します。






Comments


bottom of page