• 情報コミュニケーション学科

環境ワークショップ活動を行いました

10月1日(土)、サービスラーニングの一環として、「ネットワンわくわくチャレンジカップU-8における環境ワークショップ活動」を行い、9名の学生が参加しました。「ネットワンわくわくチャレンジカップU-8」は、大分トリニータとネットワンシステムズ(ユニフォームスポンサー)がソーシャルアクション・SDGs活動の一環として開催する、児童を対象としたサッカー大会です。


活動では、大会に参加する選手や、選手の兄弟姉妹などを対象に、環境保全意識の向上を目指し、「ペットボトルキャップ工作(帽子・こま)」「廃プラアート」のワークショップを行い、多数の子供たちが参加しました。


とてもいい天気で暑いなかでの活動でしたが、参加した学生は子供たちと積極的にコミュニケーションを取りながらワークショップを円滑に運営しました。今後もさまざまな機会を活かして、環境保全意識の向上を目指した活動を行っていきます。




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示