top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

社会問題解決のためのAIワークショップを開催しました

7月1日(土)に、サービスラーニングの一環として、芸術デザイン棟A講義室においてAIを活用した社会問題解決のためのワークショップを開催し、本学の学生に加え大分大学、日本文理大学、IVY大分高度コンピュータ専門学校の学生ら約40名が参加しました。この活動は、公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所と連携する形で企画・実施されました。


当日は最初に近年、急速な勢いで技術開発が進んでいるAIについて学習しました。AIがもたらす社会への影響や働き方の変化、AIが普及する時代に求められる人間の能力、大規模言語モデルの特徴・課題と今後の技術開発の行方などについて専門家の講義を通じて学び、続いて実際に各自でチャットGPTを使いながら、身近な地域における課題を列挙し、整理しました。そしてそのなかから核心的課題を抽出し、これをAIを用いて解決するためのアイデアをグループワークで議論しました。最後にグループごとに発表を行い、参加した専門家から講評が行われました。


今回の活動を通じてAIの可能性・問題点を学ぶとともに、その有効性を実際に操作することで体得しました。また大分県内の大学・専門学校の学生らとディスカッションやグループワークに取り組むことでコミュニケーション力を高め、交流を深めることができました。










Comments


bottom of page