• 情報コミュニケーション学科

竹田市で食育ツーリズムを実施しました

7月19日(日)に、大分県竹田市において「食育ツーリズム」をサービスラーニングの一環として実施し、25名の学生が参加しました。今年は新型コロナウイルスの影響もあり、恒例の「とうきびフェスタ」は中止となりましたが、竹田市の地域住民の方々からの要望と、学生の皆さんへの地域活動の機会提供という観点から、実施する運びとなりました。

参加した学生の皆さんは朝8時半から3密を避けるために2つのグループに分かれて、とうもろこしの収穫支援と、とうもろこしを使った食品加工を行いました。食品加工では、蒸しトウモロコシ、焼きそば、おこわ、蒸し饅頭などを作りました。

午後からは、実際に自分たちで調理した商品を含めて販売支援を行い、道の駅すごうを訪問する多くの方々にご購入を頂きました。次いで竹田市に移動し、城下町である竹田市の観光名所などを、地元の方に案内を頂きながら散策しました。今回の活動では各自が写真や動画などを撮影しており、後日、SNSなどを使って竹田市の魅力を全国に向けて情報発信を行うことになっています。

今回の活動を通じて少子高齢化の進む街の課題や、食を維持し自然を守ることの大切さを、実体験を交えて学ぶことができました。








閲覧数:226回0件のコメント