top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

野田准教授がアジア知的財産権シンポジウムで登壇しました

1月22日(月)、情報コミュニケーション学科の野田准教授が「アジア知的財産権シンポジウム2024 ビジネスの成長を支える知的財産~各国の事例から教育まで多角的視点からの考察~」に登壇しました。


このシンポジウムは日本経済新聞社主催、不正商品対策協議会(ACA)、一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)共催により知的財産権の保護と不正商品の排除を目的として1998年から開催されているものです。


午前の部では「10代デジタルエチケットキャッチコピーAWARD2023」の特別発表があり、当AWARDの審査員を務めた野田准教授がパネリストとして登壇し、若年層の著作権教育についてディスカッションを行いました。







Comments


bottom of page