top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

綾部ゼミの学生が大分県社会福祉協議会で研究成果発表を行いました

今年度、綾部研究室では「大分県内のこども食堂におけるコロナ禍の影響と食品提供の課題分析」について研究を行ってきました。2月7日(火)に大分県社会福祉協議会において、これまでに取り組んできた研究内容について成果発表を行いました。会場には大分県社会福祉協議会、フードバンクおおいたの関係者に加え、各市町村の社会福祉協議会の方々がZoomで参加しました。


発表会では、これまで1年間にわたって実施してきた研究内容を報告し、発表後には「具体的にどのように改善を講ずるべきか」「研究をするうえでの課題は何であったのか」などの活発な質疑応答が行われました。また「これまで県社協では調査できなかったことを数字で説明をしてもらい、とても参考になった」「頂いた提言について少しずつ実現するために進めていきたい」などのコメントがありました。


社会福祉協議会で実施された発表会の様子や、担当者の方々からのコメントについては下記のビデオクリップよりご覧ください。






コメント


bottom of page