top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

野田准教授が「10代のデジタルエチケット キャッチコピーAWARD2023」に出演しました

10月29日(日)に、一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)が「10代のデジタルエチケットキャッチコピーAWARD 2023」の審査結果発表イベントを開催しました。「10代のデジタルエチケット」はCODAが提供するPBL型教育プログラムで、コンテンツの正規流通と著作権侵害に関する本質的な理解促進を目的としています。


情報コミュニケーション学科の野田准教授は、教育プログラムの検討委員を務めており、当プログラムを通じて中高生が創作したキャッチコピーの審査委員として本イベントに出演しました。


イベントでは日本全国から応募のあった109作品の中から優秀賞、最優秀賞受賞者が発表されたほか、法律、Z世代、知財教育、コピーライター、メディアビジネスなど様々な観点から、デジタルコンテンツや著作権教育に関するトークが行われました。イベントの配信動画は「こちら」から、各審査委員のプロフィール「こちら」からご覧ください。







Comments


bottom of page