top of page
  • 執筆者の写真情報コミュニケーション学科

警察庁サイバー警察局の方々が来校されました

7月24日(月)、警察庁サイバー警察局の方が情報コミュニケーション学科の野田研究室を訪問され、サイバー防犯ボランティア活動やゼミ活動について意見交換などを行いました。


野田研究室では、大分県警察から委嘱を受け、「めじろんおおいた見守り隊」としてサイバー防犯ボランティア活動を行っています。違法薬物売買などの通報を継続的に行っているほか、今年2月には一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)と連携した海賊版コンテンツのパトロールも開始したところです。


警察庁の方に実際のパトロールの様子を見ていただいた後、野田准教授より「めじろんおおいた見守り隊」の活動概要、ゼミで行っている情報教育、将来の展望などを紹介しました。

また、学生からは、サイバー防犯ボランティア活動に参加した動機、知識や技術の習得方法、活動で印象に残っていること等を述べました。


「めじろんおおいた見守り隊」は、昨年度の警察庁サイバー防犯ボランティア広報啓発コンテスト(フィッシング対策部門)において最優秀賞を受賞しました。今年度のコンテストにもぜひチャレンジしたいと考えています。


警察庁の方に直接お越しいただき、教員や学生と対話していただくことで、サイバー防犯ボランティア活動に対する意欲も高まりました。今後も従来の活動を地道に継続しつつ、時代の流れに沿った新たな取組みも展開していく予定です。






Comments


bottom of page